壁=核心


稽古はうまく進む日と、なかなか思うように進まない日の連続です。

やりたい事は見えていても、具体的な方法がうまく見つからず、しっくりこない。そうすると、見えていたはずの事に確信が持てなくなってくる。

悶々とする日々が続き、芝居とマイムとダンスの間で、ゆらゆらと揺れています。


作品制作は壁に当たっている気もしますが、この壁こそが作品の核心なのかもしれない。

大切な何かにノックして、さすり、触れながら牛歩を進めます。

今はまだ核心の外周を歩いているけれど、早く核心の円の中に突っ込んで行きたいです。


[PR]
by Newworld_muremure | 2010-07-22 01:40 | 稽古