通して見えたものは…。

舞台監督の亀さん、照明の影山さん、音響のサエグサさん、群々のミウミウの前で通し。
いろいろな指摘をもらって、痛感するモヤモヤさ。
こんにちは、原田悠です。
「あきらめたらそこで試合終了だよ」って安西先生の言葉が脳内に響きます。
集団ってつくり、なおかつ皆出演する時、自分が出るシーンは自作なので自由。自分で一から作れる。その自由さを存分に生かす、もっと。
一瞬にかける感じだ、今回の作品は。
針で突き刺すような一瞬の鮮明さ。
それが浮き立つようにどういるかも同じく重要。
深みがほしい。
[PR]
by Newworld_muremure | 2010-08-14 11:26 | 稽古