本日も

長谷川寧と申します。
普段は冨士山アネットという団体の代表として、演出・振付・出演等を行っています。
今日は私の当番という事で。何を書いていいやら悩みますが、見切発車でスタートしてみようかと思います。しかしまぁ私は皆さんと多少出自が違うもので、違うは違うなりに無茶を言っては皆を困惑させる次第。

本日はこのブログをアップせねばならぬのに打合岩渕関長谷川でリハ後打合をし、帰宅後俄然やる気が出てイメージの音の選曲に夢中になっていたらもうすっかりぐったりしてしまった。
ホラみた事か。
ペース配分を考えられない短距離型である。


取急ぎリハーサルから数点写真を上げます。
b0139650_223699.jpg

b0139650_23393.jpg

b0139650_243223.jpg

b0139650_245154.jpg


写真は関担当の振付をこなす岩渕・松本ペア。
音響卓をいじりながら関がその様子を見守っている。
そして写真一番下は大久保美彩さん。
竹内さんと共に衣裳を担当して頂きます。
2人共装苑賞にノミネートされる等実績があるデザイナーだ。
何が出来るのが楽しみである。


そして私は原田氏を紹介する予定なのですが、原田氏は現在Nibrollと同時並行でリハーサルを進めているので今日は不在。
ですので回想風に紹介したいと思う。


原田氏は、几帳面な男子でした。
そして穏やかな生活を好んでいました。
戯曲の執筆と、踊りを同時にこなす彼は、才能溢れる方でした。


なんだか湿っぽいので止めよう。

さて、彼はその場で試行錯誤して行く私と違い、思慮深くノートにびっしりとアイデアを書込み次々と指示を出す。
思慮深い、読書を嗜む朝型の男子。
まるで少女漫画の男子の様な設定だが、何とも貴重な人材である。
そんな男子を含め、日々リハーサルは進んで行くのだ。
[PR]
by Newworld_muremure | 2008-05-10 02:56 | 稽古